会社案内

代表挨拶


代表取締役 佐藤 勝彦 フロンティアハウスは、事業用不動産の売買仲介・賃貸仲介・ビル管理事業からスタートし、平成11年の設立より、お蔭様をもちまして平成28年4月に満17年をを迎える事ができました。

現在では、アパート・マンション等の収益用物件の開発・販売を中心に、土地仕入、建築、販売、リーシング、賃貸管理までを一貫して受託する事業スキームで、お客様へのお役立ちを目指す、総合不動産サービス事業を展開しております。

そして、お客様、関係取引業者様のご理解、ご支援のもと、取扱高も約54億3,859万円をとらえ、順調に推移させて頂いております。

私は、企業にとって、利益の追求はもとより、取扱高の追求も、社会貢献という見地から欠く事の出来ない重要な「ものさし」であると認識しております。それは、「取扱高」こそが、お客様に対する「お役立ち高」であると思慮致すからであります。

弊社は、小技・中技・大技の三位一体というバランスの特徴がございます。例えば、賃貸物件は「一室」からの入居募集・管理も承りますし(小技)、売買の仲介等(中技)、又は、土地を仕入れ、建売分譲から1棟の事業用物件を建築→販売→管理を仰せつかる、いわゆる、自社開発型物件(大技)をも手掛けながら、有機的にお客様のニーズをとらえ、幅の広い、奥の深いお役立ちを目指して、日々精進しております。

そして時代の変化に合わせて、取り巻く業界の変貌を日々探求しながら、フロンティアスピリッツを忘れずに、既存の枠組みにとらわれない、新しいかたちの事業モデルを、創意工夫、改良改善を行い且つ、「change of better」、継続的な改善、ベストで立ち止まってしまうのでなく、ベターの積み重ねを、愛するスタッフと共に、明るく、厳しく、夢を持って、構築して行く事を、お誓い申し上げます。

今後のフロンティアハウスにどうぞご期待ください。

株式会社 フロンティアハウス 代表取締役 佐藤勝彦

ブログはこちら→ 「フロンティアスピリッツ!! 社長のブログ

賃貸物件はこちら